「こんなはずじゃなかった」過食嘔吐回復への落とし穴

 

 

自分で摂食障害を止めようと

あらゆることを試してみたけど

止める方法がわからない

全然治らない

 

 

と悩んでいませんか。

 

 

 

22年の過食嘔吐に悩んだ体験から生み出した!

 

薬を一切使わず、

 

「過食スイッチを止めずに」

短期間で改善できる方法を開発!

 

 

 

 

食べるあんしんづくりを

お手伝いしています、

 

なかひらちさとです。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

 

■いつでも治る、と思っていた。

 

私は過食嘔吐22年をしてきて

過食嘔吐を甘く見てたことがあります。

 

 

治す気になれば

いつでも治ると思っていました。

 

 

だから、

 

 

食べるのを我慢すれば治る

吐かなければ治る

ってフツーに思っていました。

 

みなさんはどうでしょうか。

 

 

 

 

■全然治らない未来が待っていた。

 

気付いた時には

食べることも

吐くことも我慢できなくなっていて

ドツボにハマっていました。

 

 

だけど、まだ期待してる部分が

ありました。

 

 

 

それが、

 

彼氏できたら治る

結婚した治る

妊娠したら治る

出産した治る

 

 

という、環境の変化で

なおるのでは?という期待です。

 

 

だけど私は

どれも体験したけど

治ることはありませんでした。

 

 

なんなら、離婚もして

再婚もしたけど

治らなかったです。

 

 

 

実際にこれで

止まったという方は確かにいるかもしれませんが

私はそうじゃ

ありませんでした。

 

 

 

 

 

■何かのせいにしていたから

 

治らなかった理由については

今振り返ると明らかです。

 

 

それまでの私は

病気はお医者さんや薬が治してくれると思っていたし

 

 

彼氏や旦那さんができたら

根拠なく治るとか思っていたし

 

 

もちろん妊娠も出産もね。

 

 

そう、わたしは

いつも

誰かや何かのせいにしていた

のです。

 

 

 

病気が治らないのは

お医者さんの腕や薬が悪いと。

私の毎日がつらいのは

周りのみんなが悪いのだと。

 

 

ずっと周りのせいにして

生きてきてしまいました。

 

 

 

 

 

■本当は自分のせいだった

 

周りにせいにし続けていると

得することがあるんです。

 

 

それが

自分のせいだと

認めなくて済む

ということ。

 

 

私は、自分の問題を

相手にすり替えることで

逃げ続けていました。

 

 

私を苦しませていたのは

周りの人のせいではありませんでした。

 

 

私が自分の想いを

いつも最下位にして

他人の気持ちを最優先していた

というやり方、

 

 

 

 

自分という存在を

本当に粗雑に扱い、

 

文句言われても

言われっぱなしに

させてしまうという

自分を守れなかったやり方

 

が原因でした。

 

 

もし、今

摂食障害で悩まれてる方は

過去の私のように

 

 

自分の想いより

他人の気持ちが優先されてないか

 

 

そして

自分の病気を誰かのせいに

していないか

 

を振り返ってみてください。

 

 

私は自分の問題を

自分で責任をもって

取り組むことを始めたら

どんどん回復へつながっていきました。

 

 

 

 

 

♪声のメールマガジン

こころにあんしんをつくる

声のメールマガジン。

 

過食嘔吐がやめられない理由や

過食嘔吐の捉え方など

声とテキストでお伝えしています。

全7回を音声でお届けします。URLが届きます。

 

 

画像とクリックすると登録ページに移ります。

登録は無料、解除もすぐできます

↓ ↓

 

 

 

 

♪ LINE配信

 

画像とクリックすると登録ページに移ります。

登録は無料、解除もすぐできます

↓ ↓

 

 

Follow me!